からおけにいったよ。

 
●せんきゅうひゃくきゅうじゅうななねん
 
きょうはしんせきのあつまりということで、くるまにのって、おばあちゃんちにいきました。
いつもはいえでごはんをたべたり、いとことゲームをしたり、テレビをみてかえるのですが、
きょうは、カラオケにいくことになりました。
カラオケにはだいぶまえにいったきりなのでとてもうれしかった。
みんなのこえがいつもとちがってきこえるのがなんだかたのしいし、おいしいりょうりがでてくるからです。
カラオケでは、じゅんばんにうたいたいきょくをえらんで、うたっていきます。
ひとりでうたったり、ふたりでうたったり、みんなたのしそうにします。
だから、カラオケ、ときいたとき、「やったー!」とおおきなこえをだしてしまって、しんせきのみんながわらっていました。
ゆいくんはニュージーランドにいっていていません。
ほかのかぞくのきょうだいはみんなそろっていましたが、うちはなかなかぜんいんあつまりません。
いつもようくんといっしょです。ゆいくんのほうがやさしいし、いつもいろいろおみやげをかってきてくれるので、すきです。
ゆいくんは、ふゆになるとかえってきます。おおきなしかくいかばんをひきづってかえってきます。
そのかばんをあけると、あまいにおいがして、それは「こうすい」というらしいです。
おとうさんはそのにおいがいえですると、「きらい」といっていましたが、ぼくはすきです。
ゆいくんがいないときでもたまにそとでおなじにおいがすることがあります。
そのときぼくは、すこしさみしくなります。
ぼくには、たくさんのいとこがいます。
さとしくんにひろしくんにけいくん。たすくくんとじゅんくん。
みんなおとこです。
しんせきのあつまりがあるとたまにそんなはなしがだいどころからきこえてきます。
「ほんまにうちはおとこばっかりやでなあ」と。
でもぼくはまんぞくしています。ぼくがいちばんちいさいからなのか、みんなあそんでくれるからです。
ようくんは、いつもすみっこにいて、えをかいてるかほんをよんでいます。
ちっともたのしそうじゃありません。ぼくはいつも、もっとみんなとあそべばいいのに。とおもっています。
からおけについて、へやにはいったらなんだかすこしへんなにおいがしました。
だれかが「やにくさ」といっていました。やにくさってなに?ってきいてもだれもこたえてくれませんでした。
からおけはふしぎです。へやのかべに、でんわがくっついています。
そこからどこかにでんわすると、のみものとかたべものをもってきてくれます。
「あのでんわ、うちにはつけないの?」とおばちゃんにきいたら、またわらわれました
なんだかきょうはわらわれてばかりなきがします。
きづいたらおんがくがはじまって、うたいはじめました。みんなじょうずで、ぼくはじぶんのばんがまわってくるのがすこしはずかしかったです。
でも、たのしみでもありました。
ついにぼくにじゅんばんがまわってきました。
おばちゃんがなにをうたうかきいてくれて、ぶあついほんからばんごうをしらべてくれます。
ぼくは、ぽけっともんすたーのやつをうたうことにきめました。
いちばんじしんがあります。
おばちゃんがばんごうをおして、テレビにむけてあかいボタンをおすと、「ピピっ」とおとがしました。
しばらくすると、ポケットモンスターのやつがながれました。
「ひらくやで!」とまいくをわたされ、いよいよぼくがうたうときです。
からおけはずいぶんまえにおかあさんといったきりだし、なによりこんなにたくさんのひとのまえでうたうのははじめてでした。
なんだか、へんなかんじがしました。
そのへんなかんじのせいもあってか、あまりじょうずにうたえませんでしたが、みんなにこにこしてきいてくれました。
うたがおわって、せきにもどると、ようくんがぼくにコソコソばなしをしてきました。
「ひらく、うたへたやからみんないやなきぶんになるから、うたわんほうがいいで」
そういわれました。
ぼくはさっきのへんなかんじがなんばいにもなったきがしました。
きもちわるくなって、むねのあたりがドコドコいって、すごくいやなかんじがしました。
みんなをいやなきもちにさせてしまったこともそうだけど、なにより、いやなかんじになっているのにわらってくれたみんながこわくなりました。
そのあと、「ひらくはもううたわへんのか?」ときかれましたが、うたいませんでした。
ぼくは、みんなをいやなきもちにさせたくはありませんし、へんなかんじになりたくないからです。
きょうで、カラオケがきらいになりました。
でも、いいのです。もともとカラオケにいくことなんてめったにありませんし、
おわったらみんないつもどおりあそんでくれましたから。