9/21 不審者A

 

MS:3-10(7)
PN:()/()
?kg()
10:プロテイン
12:オートミール
18:枝豆 すし からあげ

二日目。少しだけ持ち直した気がする。
一週間限定のルーティンを作るのが重要だ。
とりあえず、毎日最低1時間は歩くことにした。
 
そして東京での仕事初日だった。
詳細は書けない訳だが田舎者アキミチ、盛大な事件を起こしてしまう。
打ち合わせの会場が、とにかくセキュリティが強固な場所で、
門をくぐるとざっと十数名の警備員がいる。
そして、手荷物を全てなんだろうなあ、あれ。空港とかにある検査する機械。あれに通して、人間もゲートをくぐる。
こちらは四名。みな無事通り抜ける訳だが、最後は僕。
「あのう」厳格な顔つきの警備員に呼び止められる。
「とんがったもの、もってますよねえ」
「???」
そういえば、キャンプなどで使用する、十徳ナイフを僕は持っていた。
背筋が凍る。
「少し待ってくださいねえ」
警備員は定規をもってきた。
刃渡りを調べる。
「ちょっと処理が変わってきますのでえ」
しばらくすると、奥から警備員のボスらしき人間が現れた。
「これで、なにすんの?」
「いやあ、あのう、キャンプでえ…」
 
 
 
 
 
幸い事なきを得た訳だが、クライアントにもその情報はいき、
「ナイフ、もってるの…?」と第一印象は最悪。
副社長にも「アキミチくん、東京でナイフはアホだよ」と言われる始末。
アキミチの東京仕事初日は、大失敗で大失態からのスタートとなるのだった。
でもパソコンもらえたからOK