8/13 ゆれる

MS:3-10(7h)
PN:20(5m)/()
79.6kg(-3.4)
13:ひじき/ナッツ/R1
19:ナゲット/やきとり
24:ハイボール/小籠包/ひじき/刺身/キムチ/アヒージョ/

ちとここでは書けないが「事件」が起きていた。
そしてそれは僕が寝ている間に起きていたらしかった。
起きて内容を知って、その修復、解決を自分なりに動いてみたわけではある。
ここで僕が共有したいこと。
それは、「勝手な正義感」である。

例えばAくんがBくんに殴られ、怪我をしたとする。
CくんはAくんの怪我を見て、驚いて、慌てて学校に連絡。ともだちとのグループラインにも、
「Bくんが殴ったらしい。みんなもきをつけて」と、投稿。

皆さんはこれをどう思うだろうか。
この場合、Cくんがとった行動が、「勝手な正義感」である。
無論、その行動力とスピードによって、早期解決する場合も一縷ある。
だが、数多くのリスクを抱えた行動なのだ、これは。
Cくんは、「Aくんを助けなきゃ」という想いを根源に、自分で勝手に枝をはやした。
「Bくんをこらしめなきゃいけない」「この事件を明かるみにしなくてはいけない」と。
その「枝」の部分が厄介だ。予想に反して成長し、
「さらなる暴力の誕生」「真偽混ざり合う情報の流出」さまざまな副作用をもたらすだろう。
ここでCくんがすべきだったこと。それは、「聞く」ことだ。

それは5W1Hだけでは足りない。そこに、Aくんの「意思」を足せ。
何を望んでいるのか。答えてくるまでじっとそばで寄り添ってあげればいいのだ。
その結果が、Bとの和解なのか、隔離なのか。
それ次第でとるべき行動は大きく変わってくる。

 

とまあ、そんなことがあった。

今日も今日とてココザに行った。
なんやかんやで毎日いってるじゃないか。前にもこんなこと、あったような。
バンド、やりたいなあ。